カードローンは正しく使えば怖くない!

カードローンの怖さ

カードローンの怖さ

私は20代前半です。クレジットカードは18歳の時に作り持っていました。私がカードローンを始めたきっかけはハタチになった時にハタチ以上じゃないと出来ないことをしようと思ったのがきっかけでした。

 

それまではキャッシングやカードローンなどはカード会社のルールかでできませんでした。タバコとかお酒とかはまってしまいそうで怖いしと思ってお金を借りて遊ぶことに抵抗は少しもありませんでした。

 

まず手始めに2万円借りて友達と遊んだりしていました。カードがあれば使ったぶんは分割で後から払えばいいやと思って、お金はいくらでもある感覚に陥りました。友達にもおごったり自分の買いたいものをまとめて買ったり。

 

最初は給料日に今回引かれる分だけ計算して残ったお金を使ってとしていましたが、ある時急な出費でお金が給料日までもたないとなってしまった時、次の5万円を借りに行きました。

 

その時は給料日前なのにお金を持ってるという感覚になってしまって、いつもなら給料日前の休みは家でぼーっとしているのに友達と遊びに出て、そのお金をほとんど使ってました。

 

それからと言うと、お金を借りて次の月にまとめて返したり、返せなかったらローンとして分割にしたり、買い物もカードで分割で買ったりとそれが続くようになりました。ある時自分の給料よりローン返済の方が増えた時があり、仕方なく他のカードを作りそれで繰り返し続けていました。

 

こんなことしてちゃダメだと気づくのがとても遅くてもっと早く気づいていればと何度後悔したかわかりません。いまはカードはなるべく使わずにまかなうようにしています。


ホーム RSS購読 サイトマップ