カードローンは正しく使えば怖くない!

カードローンってキャッシングカードと何が違うのか

カードローンってキャッシングカードと何が違うのか

カードローンっていう言葉は、キャッシングカードに比べると聞きなれない人も多いのではないでしょうか。

 

カードローンとはどういうものかというと、最初に審査にパスしておけば、あとは利用目的を問わず好きなタイミングでカードを使ったローンが組めるというサービスです。

 

金利は比較的高い場合が多いですが、提携しているコンビニなどのATMから自分の好きなタイミングで使えますし、何にでも使えるので、利用している方も結構いるようです。

 

ここまでの説明を聞いて、キャッシングカードを使ったキャッシングといったい何が違うのか、疑問に思った方もいるのではないでしょうか。

 

どこが違うのかというと、カードローンはその名の通りローンなので返済が分割払いになるところが違います。でもまあ正直、この2つの違いは現在では曖昧です。

 

もともとはキャッシングだと一括返済、ローンだと分割払いという考えが基本だったようですが、最近はキャッシングでも分割払いが利用出来るタイプもありますので、正直明確な違いというのがなくなってきています。

 

なのでこの2つの違いはサービスの提供元が何という名称を付けるか程度のものだと思っておいて、特に問題ないでしょう。

 

実際に実質のサービス内容はカードローンだけど、ローンという響きで敬遠するお客さんもいるので、キャッシングという名称にしたという例もあるみたいです。

 

カードローンにせよキャッシングにせよ利用するときは名称ではなく、サービスの内容をよくチェックする必要があります。

 

キャッシングよりイメージの良いカードローン

比較的、お金を借りる方法の中でイメージが良いのがカードローンではないでしょうか。カードローンの場合は、キャッシングなどとは違い銀行やクレジットカードの会社などが行っていることが多く、信頼性においても高いと言っても良いと思います。

 

しかし、そんなカードローンですが、イメージがよく信頼性が高いと言っても、そんなに難しいものではありません。審査方法も、業者によっては即日利用が可能と言うところが多くなっています。

 

借り入れ方法も、カードローンの金融業者以外にも提携しているATMなどからも行う事ができ、とても便利です。

 

金利においても一般的に消費者金融より、低金利になっている場合がほとんどです。もちろん、担保や保証人など必要ありません。本人確認や安定した収入の確認、信用情報などの審査に通過すれば、誰でも借りる事ができます。

 

また、基本、使用目的は必要ありませんが、使用目的を定める事で、金利が安くなるプランを用意しているところもあります。これだけ聞くと、とても良いカードローンのように思えますが、返済の期日の厳守が厳しいのがカードローンのデメリットと言う事ができます。

 

消費者金融の場合は、延滞金などを払う事で返済を延滞する事ができますが、カードローンの場合は、一日でも返済を遅らす事はできません。なんで、十分な返済日の予定と返済計画が必要になってきます。

 

キャッシングよりイメージも良く低金利の多いカードローン。使い方を間違えなければ、とても便利なお金の借り方になっています。


ホーム RSS購読 サイトマップ