カードローンは正しく使えば怖くない!

消費者金融系と銀行系のカードローン

消費者金融系と銀行系のカードローン

カードローンには消費者金融系と銀行系の主に2種類があります。消費者金融系は審査スピードが速く即日融資を行っており急ぎでお金を借りたいときに適しています。

 

銀行系は銀行本体と保証会社の2つで審査を行っており審査に時間が掛かることが多いです。審査じたいも厳しい傾向がありますが、その代わりに消費者金融系より金利が低かったり、ご利用限度額が高いと言ったメリットがあります。

 

急ぎでお金を借りたいときには適しませんが、利息のお支払いを抑えたい方や、まとまったお金を借りたい方、複数の借入をおまとめしたい方に適しています。

 

消費者金融系は総量規制の対象であり、借入総額は年収の3分の1までと制限されています。このため収入が無い専業主婦の方に貸し付ける消費者金融系が少なくなってしまいました。

 

しかし銀行系は総量規制の対象外で専業主婦にも貸し付けるところがあります。夫の収入の中から無理なく返済できるように、ご利用限度額は30万円か50万円に限定されていますが、専業主婦でもお金を借りることが可能です。

 

夫に安定した収入がない時は専業主婦でもご利用できません。

 

カードローンにお申し込むときは本人確認書類と収入証明書類の提出が求められます。ご利用限度額が低い専業主婦の方は収入証明書類の提出は不要です。

 

主婦の場合は勤務先への在籍確認を行わない銀行系のカードローンもあります。夫に内緒でお金を借りることもできますが、ローンカードやご利用明細書などの郵便物からバレないように注意が必要です。

 

個人的なカードローンについての考え

私は現在、消費者金融大手の金融業者3社からキャッシングしてお金を借り、そして銀行系カードローン2社からカードローンでお金を借りて生活しています。

 

私は今から10数年前に当時私が大学生だった時代に初めて消費者金融大手の金融業者からお金を借りた事をきっかけにしてそれ以降も消費者金融大手の金融業者からお金を借り、その都度返済してはまた借りをして現在まで消費者金融大手の金融業者3社とは付き合いがある状態です。

 

そして銀行系カードローンは今から数年前に私が以前よりテレビコマーシャルなどで名前も顔も知っている有名俳優と有名女優が出演して銀行系カードローンの宣伝をしているのを観て、「銀行系カードローンとやらを一つ利用してみようかな。」と思ったのが私が銀行系カードローン会社のカードローンを利用するきっかけになったのでした。

 

私は銀行系カードローン会社に対して以前より、これは自分勝手な思い込みですが「銀行系カードローン会社は消費者金融より怖くなさそう」というイメージがあるのです。

 

勿論消費者金融が怖いという事は現在私はそんな事は全く思っていないのですが、それでも消費者金融で返済が遅れた時などは私も多少不安になるのです。

 

しかし、銀行系カードローン会社のカードローンは少しばかり返済が遅れても、大手都市銀行の母体を持つカードローン会社だから無茶な事はしないだろう、というイメージがあり、それは現在でも私は銀行系カードローン会社のカードローンに対して良いイメージで捉えています。


ホーム RSS購読 サイトマップ