カードローンは正しく使えば怖くない!

カードローンは正しく使えば怖くない!

カードローンが必要になる場面について

カードローンの体験

カードローンを利用するようになったのはクレジットカードだけではお金(現金)が足りなくなる場面が多くなってきたからでした。

 

普段の生活であれば、クレジットカードのショッピング枠と、自動的に付加されているキャッシング枠を上手く使っていけば、まず高額の商品を買ったりしないかぎり問題なく運用することができます。

 

しかしながら、引越しなどの多額の現金が必要になる場面は人生の中で何度かあり、本来であれば貯金の中から支払っていければいいわけですが、若い時は特に給料が安いこともあってなかなか全額を貯金の中から出すのは難しかったりします。

 

そういうこともあって、カードローンを利用する選択をしました。カードローンのいいところは無目的かつ無担保で利用することができるところです。

 

目的ローン(住宅ローンや自動車ローン)などは金利が安い分、利用用途が限られてしまいますが、カードローンであれば何にお金を使っても問題なく、すぐに返済もできるという点が非常に使いやすいです。

 

何にでも使えるということは、書類も雑多にならず必要最低限のものだけを提出すれば良く、しかも最近は収入証明の提出が不要のカードローンも多くなってきたため、今まで以上に利用しやすくなっています。

 

使い方に関しても、一度でもキャッシングを利用したことがあれば、ほぼ使い方に違いはありませんから戸惑うことはありません。

 

しかもコンビニなどでも返済することができますから、お金に余裕があるときに先払いをして手数料を下げていくということもできます。

 

カードローンのメリットは審査回数の手軽さ

メリット

カードローンのメリットの1つは、審査の回数だと思います。というのもカードローンの審査回数は、基本的には1回のみになるからです。

 

ローン商品の中には、審査回数が複数回に渡るものがあります。例えば6月にあるローン商品を利用するとしましょう。そのローン商品を利用するにあたり、まず審査が発生する事になります。

 

そして今度は9月に、同じローン商品を利用するとしましょう。その場合、もう一度審査が発生する場合があるのです。お金を借りる為の手続きをする度に、毎回審査が発生します。

 

なぜかというと、やはり消費者金融や銀行というのは貸したお金の返済が大事になってくるからです。貸したお金が戻ってこないと、困ってしまいます。そのため毎回慎重に審査を行っている訳ですね。

 

ただ借りる側からすると、やはり審査に通るかどうかがちょっと不安になるものですね。万が一審査に落とされてしまうと、お金は借りられません。急いで資金が必要な時などは、審査落ちは心配だと思います。

 

ところがカードローンの場合は、その2度目の審査がありません。つまり上記の例で申し上げれば、9月に審査が発生する事は無いのです。あくまでも最初の1回すなわち6月だけ審査が発生しますので、審査回数は1回のみです。

 

そして審査の回数が少ないという事は、手軽に借りる事ができるものです。なにせ一度審査に通っていれば、問題なく借入ができるからです。その手軽さが、カードローンのメリットだと思います。

 

カードローンを上手に活用するためのポイント

カードローンのポイント

銀行や消費者金融などが扱うカードローンには、さまざまなメリットがあります。

 

カードローンは担保や保証人が不要であることがほとんどであり、インターネットなどを通じて手軽に申し込みができます。審査も迅速に行われ、即日融資を受けられるケースも多いものです。日常生活の中でカードローンを上手に活用するためには、いくつかの点に留意すると良いでしょう。

 

最重要ポイントは、必要最低限のお金を借りて短期間で完済することです。借り入れ金額が少なければ返済も容易ですし、金利負担も軽減されます。

 

「急に飲み会の予定ができた」「洋服を買いたいがちょっとだけお金が足りない」という時、それに見合う金額をカードローンで調達するのがベストです。次回の給料やバイト代が入った時に完済でき、返済遅延などのトラブルも起こらないはずです。

 

カードローンを利用する場合には、元本と日割り計算で加算される利息を返済しなければなりません。消費者金融の中には、無利息サービスを実施しているところもあります。

 

無利息サービスの適用を受ければ、規定の期間内、あるいは一定の金額分の利息が加算されません。無利息サービスというと、ノーローンが有名ですね。利息負担を抑えるためには、こうしたサービスを利用するのも良い方法です。

 

また、返済期間が長くなるほど利息負担は増えることとなります。月々の返済額を多めにしたり、ボーナスなどの臨時収入で繰り上げ返済をしたりすると、借り入れ金を早く返済することが可能です。借金に対する心理的負担もなくなるので、一石二鳥だといえるでしょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ